爆発するならいっそアフロに? 梅雨の時期、くせ毛の悩みに打ち勝つ方法10選

雨前線とともにやってくる“爆発ヘア”のシーズン! そこで、ヘアサロンのディレクターに相談してプロのご意見をうかがいつつ、くせ毛に悩む人を救う梅雨時のヘアスタイルや、湿度の高さに対抗できるヘアケア術を探ってみました。

(取材協力:HAIR MAISON bLiss(ヘアメゾンブリス)★美容師・舩木さん http://hair-maison-bliss.com/)

①梅雨時のアフロは案外いける!?

w9dxlenzfgw-ariana-prestes

「どうせボンバーしちゃうのなら、いっそのこと最初からアフロにしてはどうか?」とダメモトで提案したところ、プロの答えは「テイストにもよるが、“あり”」でした!

真冬のアフロは勧められませんが、梅雨時は悪くありません。
湿度が高いシーズンに最も困るのは、“中途半端”なスタイルです。むしろ特殊な髪型のほうが作りやすいケースも。
梅雨対策としてのアフロは、案外現実的です。(とは言え、この状態をキープするのはラクではないでしょうが……)

②「してほしくないこと」を伝える

stop_copying_me

い切って要望を伝えましょう。ヘアサロンは、言語化したことが形になるクリエイティブな空間。言葉で表すのが苦手なら、絵に描いてみるのもあり。
出来あがってから「思ったのと違う」と言う前に、「思ったことを伝える」ことが大事です。

「頭頂部がべったりつぶれるのは嫌」「前髪が目に入らないように」など、「こうしてほしくない」ことを明確にピックアップするのも交渉のうち。

③しっとり系のシャンプー剤を使う

出かける前なのに朝から大爆発! なんて悲劇を回避したければ、夜のうちに保湿ケアに取り組みましょう。爆発型のくせ毛の人は、「しっとり系」のシャンプー剤を使うのが賢い選択です。

「洗い流すトリートメント」と「洗い流さないトリートメント」、最近は両方見かけますが、内側まで保湿成分を浸透させることが目的であれば、「洗い流す」タイプを。

もっと読む

広告

女子学園の見取図

資料の束
見るのも嫌になります。

度か引っ越している私には、もう10年も放置していたお荷物がありました。

重い腰を上げて、2、3日ばかり、お片づけをしていました。
もう、嫌で嫌で仕方がないので、ほとんど「ゴミ処理」に徹していました……。

かつて通っていた学校の関連書類も出てきて、プリントの多さにあきれました!
学校って、どうしてこう、何でもかんでも印刷して渡すのでしょうか。その時しか見ないものも多い。エコじゃないなぁ。

もっと読む

まなざしは、距離によって和らげることができる。奇妙な許しの物語。ジャネット・ウィンターソン著『オレンジだけが果物じゃない』

オレンジ

愛読書
『オレンジだけが果物じゃない』 (文学の冒険シリーズ)

ジャネット・ウィンターソン(著)

ISBN:4-336-03962-3

の書評は、ブクログに引っ越しました!

http://booklog.jp/users/kiyarico/archives/1/4336039623