カテゴリー: 書物

自分のなかにある少女性

物語としても見ることのできる少女評論
国書刊行会
発売日:1999-11

ついには「少女」という呼び方にも捕らわれないというように、それは不意に消えうせ、銀色の粒子が四方に飛び去っていく、うつくしい、物語としても見ることのできる評論である。

今の時代に、これを評論とは呼ばないと著者自身は言うが、こういう物語のような評論とこそ、多く出遭いたい。

カテゴリー: 上級者は見てはならない、デジカメトーク

DMMのいろいろレンタルを使って、デジイチを借りてみました!

大な風景や動物の写真を見るのは楽しいもの。そういう素敵なシーンを自分でも撮影できたら、もっと楽しいでしょうね。

この冬、私は飛行場で粘ってカメラと過ごした1日が最高に楽しかったのですけれども、しかし肝心の写真が……ひどい写りなのです。

Owly Image

もや~っ。
何だか、ぼんやりとした、かすみ目の視界みたいな……。

い訳すると、手持ちのコンパクトデジカメでは遠景が辛いのです。ああ、パシャッ☆と 目薬をさしたような写真を撮りたいなぁ。

大きな買い物をすると家族の目がコワイので、DMMの「いろいろレンタルサービス」を利用し、デジタル一眼レフ(以下デジイチ)を、買うのではなく借りてみることに。

本当にいろいろなものがレンタルできます。結婚式に着ていくものがなければドレスを、久しぶりの海外旅行にはスーツケースや変圧器を、将棋を打ちたい夜は将棋セットを。バイクだってレンタルできます。駐車場を契約できなくて購入が厳しいかたには魅力でしょうね★
“DMMのいろいろレンタルを使って、デジイチを借りてみました!” の続きを読む

カテゴリー: 秋田分屯基地

スノーシューで雪原トレッキング!

思いがけず、スノーシューで雪原トレッキングを体験してしまいました。

Owly Images

川原で航空自衛隊秋田救難隊のPJ訓練が予定されていると聞いて、基地モニター女性達でそちらに向かったのです。

訓練は午前のみの実施で、お昼にたどりついた私は間に合いませんでしたが、
朝から見学&撮影してきた、うらやましいお二人と合流。

IMG_1049
お蕎麦でおなかを温めました。この日のためにレンタルしたデジイチで、パチリ☆

肝心の救難機を捉えることはかなわなかったけど……。

その後、場所を確認したがる私を連れて、彼女たちは朝来た道を案内してくれました。 “スノーシューで雪原トレッキング!” の続きを読む

カテゴリー: 秋田分屯基地自衛隊

価値観が変わる!(少し戸惑いも!?)航空自衛隊 基地モニター体験

Owly Images

こぴん★は、航空自衛隊 秋田分屯基地の、平成24(2012)年度基地モニターをしております。

モニターの役目は、1年にわたる基地見学や体験搭乗、各種催事等への出席と、基地に対する意見感想、要望を寄せること。

秋田分屯基地では、5名に委嘱。毎年1月くらいに公募しています。

この基地では、

・秋田救難隊
・三沢気象隊・秋田気象班

が活動しています。

見学中は、救難機や装備品の撮影はほぼ問題なし♪
ただし、基地の全景が分かってしまうような写真はNGです。(一応、背景をぼかしておきました☆)

毎回お招きいただくたびに、基地内の空気が気持ちいいです。センサーが「きゅぴーん☆」と反応して背筋がぴーんと伸びる思いを味わっています!

■安心して見学!戦闘機のない基地

栄光の25thアニバーサリー塗装をほどこされたヒーローが文句なくかっこいい!

事目的の基地建設に反対する地元の気運を考えて、秋田分屯基地は“救難”に特化した活動を展開しています。
“自衛隊”っぽい空気を吸うことはできますが、戦闘機は配備してません。

格納庫に詰まっているのは、人を助けるためのアイテム☆ 民間人が生理的に怖さを感じるような武器は、登場しないんです。

今のところ、私は武器が怖いので……、ちょっとした安心感をおぼえました。
“価値観が変わる!(少し戸惑いも!?)航空自衛隊 基地モニター体験” の続きを読む