カテゴリー: 番付

うまく話せなくても大丈夫! 無口なナースも使ってる、シンプルだけど効き目のあるコミュ技10選

医者さんよりも頻繁に患者さんと接触するのが看護師さん。〈コミュニケーションの達人〉がいっぱいですが、ナースも性格はさまざまで、中には無口なタイプもいます。
そこで、「ほんとは話すのがあまり得意ではない」というナースが使っている、シンプルだけど心に効くコミュニケーションスキルを教えて頂きました。

対人関係に悩む人、必読10テクです!

「バーナム効果」を使った会話術「●●な面もあるけど実は○○ですよね」

d52c1110d56e11e2a0a100007f000001aa525b3055ff03c1a2

画像出典元:モデルピースhttp://www.modelpiece.com/

性格の二面性を指摘されると、人は「正当に評価されている」という満足感をおぼえ、相手に信頼を寄せるようになる。このことを「バーナム効果」と言います。

「Aな面もあるけど、実はBもありますよね」のようなパターンで話せば、日常会話の中で比較的簡単に、「バーナム効果」を利用することができます。

〈例〉「**さんは明るくて大胆なイメージがあるけど、実は慎重なところもありますね」

AもBも指摘すれば、本人に心当たりのあるポイントを突くことができ、大きく外れる確率は低め。
「誰かに認めてもらいたい」という人間の欲求を満たす効果があります。
占い師やセラピストもよく使う話法です。

 

発言の真意を確認「~でよろしいですか?」

場で「これ調べといて」「いつも通りに処理して」のようにあいまいな指示を受けたら、すかさず「~でよろしいですか?」と一言確認。

治療にかかわる医師の発言、意図を把握せずに適当に流すなんてことはできないのが看護師さん! 無口だから聞けなかった、なんて言い訳は許されないので、真意の確認はとても重要なんです。

単純なバックトラッキングではなく、発言の奥にある本当の目的を引き出すような聞き方ができれば達人です。

心なしか、話しかたがちょっと秘書っぽくなります。

 

要点を繰り返す「バックトラッキング」

FX007_L

「バックトラッキング」とは、相手のセリフの中から、重要な部分を抜き出して「○○なんですね」と繰り返すこと。
気の利いたセリフは言えなくても、相手の話は中身までちゃんと聞いている姿勢を表明できます。「楽しかったですね」「悔しいですよね」など、感情面にかかわる部分をリピートすることで、会話が弾みやすくなります。

上級者になると、長い話を要約しながら返す方法もあります。プロのバックトラッキングを聞きたければ、お料理番組を。司会アナウンサーは名手ぞろいで、材料や分量、レシピを、絶妙のスピードや間合いで繰り返しています。

仕草をなぞる「ミラーリング」

好感を持っている相手の動作を無意識に真似することを、「ミラーリング」と言います。

意識的にこれを行い、相手に近い仕草や態度などを見せると、自分が味方であると伝えることができます。

相手が机に手をのせて話していたら、自分の手も机の上に出すなど。さりげなくできれば好感度アップ!
露骨な“ものまね”にならない程度に、お試しください。

呼吸を合わせる「ページング」

相手の呼吸、音程やリズム、テンションなど、話し方を合わせることを「ページング」と言います。ページングには、相手に安心感を与える効果があります。

テンションが高い人にスローで返しすぎると、相手を苛立たせてしまったり、ゆっくりと話す人に強い語調で答えると、驚かれてしまったり……。
こうした呼吸の違いを調整してペースを合わせると、意志の疎通を図りやすくなります。

相手の肩の揺れ動きを見ていると、呼吸を合わせやすいと言われています。

反応が薄くてもあわてない

c2b613a0c73711e691e3068ea03ca6cd002bcf0c4cefaeecbf
出典:www.gettyimages.com

話していても手ごたえがないと、ちゃんと聞いてくれているのか気になりますよね。

相手にもっと反応してほしいと期待してしまうかもしれません。しかし、気分がすぐれない人に、元気のいい返事を期待しても無理があります。また、親しい仲にならないと、他者の表情や反応は読めないことも珍しくありません。

「聞いていないかも」と話の途中で黙ってしまう方が、変に思われてしまいます。落ち着いて、自分の結論を最後まで言い切りましょう。

「結論→説明→結論」で会話をデザインする

92826060d6ec11e291c800007f000001500db4d43ae211afd1
画像出典元:モデルピース http://www.modelpiece.com/

話す時も書く時も、結論を先に。
先に結論を述べ、次に説明し、再度結論を伝えるパターンで、会話をデザインしましょう。

コミュニケーションがうまくとれない大きな理由は、「結局、相手が何を言いたいのか分からない」というもの。だったら、大事な部分を先に発すればいいというわけです。

一刻を争うことも起きる医療現場では、結論の後回しや伝達事項の欠落は危険です。自分で話しやすい会話パターンよりも、要点を前倒しで伝える配慮が求められています。
ビジネスシーンでも、顧客や上司の貴重な時間を奪う話し方は避けたいものです。先に要点を伝える賢さを身につけたいですね。

「少々お待ちください」に一言加えて

a3d26070d69911e280a600007f000001520a1e0dd43d044413

画像出典元:「素材辞典フォトバイブル Vol.2」https://www.sozaijiten.com/

無口な人は「一言足りない」と思われがち。ならば、一言足してみること。

たとえば、仕事等で「少々お待ちください」と言う場面はよくあります。
ここに一言プラスして、「少々」とはどのくらいなのか目安を伝えると、待つ人の不安を和らげることができます。

1~2分程度なら「ただいま参りますので」などとつけたしてもいいでしょう。
それ以降は「5分くらいお待ちいただけますか?」などと、具体的に数字を示すのが有効です。

セリフよりも声のトーン

同じことを発言しても、信用される人とそうでもない人の差はどこで生まれるのでしょうか。この件については…こちらに移動。

「傾聴」はティータイムに

1886ac50d69011e280a600007f0000010504e5e1a0515d0ab4
画像出典元:「素材辞典フォトバイブル Vol.2」https://www.sozaijiten.com/

コミュニケーションのとり方を意識する際、まず身につけたい基本が「傾聴」です。
向こうが話し始めたら自分の意見を押しつけず、人の話にじっくり耳を傾ける。これがベースとなる姿勢です。
相手に「この人なら言い分を聞いてくれる」と信頼してもらうことが目的です。

プライベートの会話で「傾聴」するなら、お茶しながらだとうまく行くことが多いです。
ひたすらうなずいて聴くだけになってしまうとちょっと大変だけど、お茶を淹れたりカップを口に運んだりする動作をはさむことで、会話中に適度な間をとることができます。

 

まとめ

実践できそうなものから1~2個身につけてみては。
10個マスターできた暁には、周囲から無口な人とは思われなくなっていそうですね。

………………………………………………………………………………
※某番付サイトに掲載いただいた記事を、メディア終了に伴い、こちらに採録させていただきました。

うまく話せなくても大丈夫! 無口なナースも使ってる、シンプルだけど効き目のあるコミュ技10選” への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中