IRORIOで、最後の働きを★

2015年6月は、ニュースで井戸端会議するサイトIRORIO(イロリオ)』で記事作成を行う最後の月になりました✲゚(✿╹◡╹)ノ☆.₀:*✲

☑「この人に3万円払いたくない」結婚式の参加を躊躇したことがある人は7割以上との調査結果

こういう話を聞くと、挙式をためらってしまうカップルもいるかもしれませんが……、親しい人たちに心から祝福してもらえるような結婚式を挙げられるといいですよね。

☑男性の未来に明るい兆し?9割の人は「加齢臭」を許せる事が判明

暑くなってくると気になるもの、それがニオイ…。こ、こういった記事もまとめてみました。

☑「旦那が浮気しているかも…」浮気調査の相談が“月曜日の11時”に多い理由

探偵ネタで書かせていただき…、探偵小説が好きな私の夢がかないました。
“IRORIOで、最後の働きを★” の続きを読む

広告

夏休みと言えば肝試し★あえて夜10時以降に一人で見て震え上がりたいホラー映画(洋画)ランキング10

背筋が寒くなるようなホラー映画をまとめてチェック。これが夏バテ対策だ! 恐怖でぞーっと、ぞぞーーっと、凍りついちゃいましょう。今回は古典的なホラーに立ち返ってピックアップしてみました。有名すぎて「今さら…」なのか、振り返られることが減った名作良作も。この夏、恐怖の原点に還ってみてはいかがでしょうか。

悪魔に人間の甘さを見抜かれる『エクソシスト』

“夏休みと言えば肝試し★あえて夜10時以降に一人で見て震え上がりたいホラー映画(洋画)ランキング10” の続きを読む

探偵づいています。

しぶりのブログです。う~ん、ここ、なっかなか更新できませんね。

一時期はムリクリ何かアップするようにしていたのですが。クリはよく分からないけどムリがありすぎたらしく、前回からまた間が空いてしまいました。

近況。

asian girl with a book

越前敏弥氏らの新訳で、エラリー・クイーンをせっせと再読中です!

昔なつかし、私が高校生~短大生くらいの時に代表作(XやYの悲劇)を読んでいた作家。たまたまあるところで、そのエラリー・クイーン自身(片割れ)が挙げるベスト作品というのが載っていまして、覗いたら

★1位『チャイナ蜜柑の秘密』

とありますが、わたくし、どうしたことか…… “探偵づいています。” の続きを読む

【文学】10月、ハロウィンの前に読みたくなる!? SF吟遊詩人☆レイ・ブラッドベリ代表作ランキング

年秋が来ると思い出す作家がいます。その名はレイ・ブラッドベリ(Ray Bradbury)★ 『10月はたそがれの国』や『ハロウィーンがやって来た』など秋めいたタイトルに、幻想的で抒情的な文体。“文学的なSF”を遺したブラッドベリの本を、10冊集めました。

10月はたそがれの国

10月はたそがれの国 (創元SF文庫)

センチメンタルでノスタルジックな作風のレイ・ブラッドベリは、世界で最も10月が似合う作家。
「ブラッドベリでどれが好きなの?」と聞かれると、とっさにこの本が思い浮かぶのは、著者のキャッチコピーみたいなタイトルをしているからでしょうか。『10月はたそがれの国』は、みずみずしく澄んでいながらゴシックロマンス調の怪異さも匂う、蠱惑的な初期短編集です★

“【文学】10月、ハロウィンの前に読みたくなる!? SF吟遊詩人☆レイ・ブラッドベリ代表作ランキング” の続きを読む