カテゴリー: 番付

使える時間がみるみる増えちゃう!あなたをラクにする時間術

に仕事に、家事、習い事にと、あわただしい日々を送る現代の女性たち。限られた時間を上手に使う方法、自分が使える時間を増やす方法をいろいろ考えてみました。あなたをラクにする方法もきっとあるはず☆

時間が足りなくなる理由は?

われわれ地球人は、地球が1自転する時間をもとに、
1日を24時間と設定し、活動しています。

「それじゃ足りないしキリが悪いから、
1日30時間で生活したいな」

……と願っても、

timelapse photography
Photo by Artem Saranin on Pexels.com

地球の自転速度を変えられるエスパーはいません。多分。

だから、自分で使える時間を増やす方法を、
いろいろ考えてみるしかないんです☆

自分のリズムを作ったり、つかんだり。

tim-mossholder-1177432-unsplash.jpg
ズム感が大事♪ 時間は使うより、のるもの。
1日の中に上手にメリハリをつけ、自分のリズムをつかんで行動しましょう。

自分が動きやすいリズムパターンを作ったり、
リズムを感じたり、リズムにのったり、リズムに体を慣らしたり!

心地いいリズムを覚えると、
時間の感じかたが自分にとって優しいものに変わります。

時間の奴隷にならないこと。

「時時間に縛られて行動している」
と捉えると、だんだん苦しくなってきます。

それは、時間の奴隷になっている状態です。

時間に拘束されるのではなく、
自分から能動的に時間を使う側に回りましょう。

ゆったりした気分×無駄のない動作

ライラした気分でバタバタ動いても、結局は無駄だらけ。
本人は急いでいるつもりでも、実際は時間がかかってしまいます。

ゆったりした気分で、だけど動きは機敏に。
気持ちはゆったりとした大きなリズムの中におきながらも、
体は「スーッ」「サッ」と動かせれば、これ最強です。

ギアチェンジでスピード自在

物事を処理するスピードを調整すること。

急ぐとミスが増えてしまったり、
相手に丁寧ではないという印象を与えたり。

でも、あまり悠長にやっていると
「遅い!」とイラつかれちゃいます。

スピードをうま~く調整できるのが、デキる人の特徴。

状況によって速くしたり遅くしたりと、
ギアチェンジするイメージを持ってみるのはいかがでしょうか。

極力「忙しい」という言葉を使わない。

日本語の「忙しい」という文字を見ると、
ココロ、逝っちゃってます!

そうとしか言い表しようがない状況もあるかもしれませんが……、
この言葉をたくさん使ったところで、時間は増えませんよね。

「忙しい」を、別の言葉に言い換えてみましょう。

「今、ちょっとバタバタしている」と言えば、
相手が違ったタイミングで声をかけ直してくれます。

「スケジュールがつまっている」と言えば、
約束の時間帯を変えてもらえます。

デスク周りは、全体的にはスッキリと。/
 一カ所だけ、散らしてもいいスペースを作る。

「えーと、アレはどこにやったっけ……」
なんて、仕事に必要なアイテムを探している時間が無駄☆

机の周りがスッキリ、整然としていると、
それだけ時間をロスせずに済みます。

ただし、見た目をキレイに整えることばかりに
こだわっていると、掃除ばっかりでくたびれちゃいます。

元来、人間の頭の中はとっ散らかっているもの。
「そういえばああだった」「急に思い出した」などと
ランダムに情報を取り出すことが、よくあります。

だから、許されるなら整然としすぎず、
一角だけ散らかしてもいいスペースを設けておいたほうが、
早く動けることがあります。

立って作業する。

どっかと椅子に腰を下ろしてしまうと、
頭の回転が鈍くなってしまうことはありませんか?

立ってできる作業は、立ったままで行ってみると、
時間が短縮されます。

ミーティングも立ったままで行ってみると、
その場の空気が活性化します。

筆者はライター兼派遣OL。
派遣のお仕事が入った期間は、立ったままで朝食をとります。
座ると、ゆっくりのんびり、お食事したくなってしまうからです。

立ち食いが意識を奮い立たせてくれ、
その後の仕事でもきびきび動けるようになっています。

早起きする!

早起きしましょう。
自分が使える時間を増やすには、これしかない!という選択です(笑)。

しっかりと睡眠をとる

alisa-anton-140238-unsplash.jpg

体力がもつというだけで乗り切れることの、なんと多いことか!
それだけで処理速度が ぐーん と加速してくれます。

休める時はしっかり休んでおくことも大事ですね。
夜遊びはほどほどにして、睡眠時間を確保しましょう。

コーヒーを淹れる数分間、「無」になる!

11825216_817211581708846_5635881322409012798_n
ーヒーって、飲んでいる時もいい香りに包まれるけど、
最もいいアロマがたちのぼるのは、淹れている時ではないでしょうか。

休憩時間はできるだけ自分でコーヒーを淹れましょう。
丁寧に、淹れましょう。

そして、淹れている間は手元に集中して。

短い時間かもしれませんが、
ほかのことを考えず、「無」になるのです。

現代人は、肉体を使わずに物事を進めすぎています。
頭を休めて、手足を動かす時間を作ることが必要です。

「無」になる時間を作ることで、
アクティブモードに入った時の効率が上がります。

むすび。

時間を味方につけて、幸運を呼び込む生きかたを…☆
参考になる項目があれば幸いです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中