「派遣って気楽でいいよね」

ラムニスト時々派遣OLの、りこぷん…もとい、りこぴん★ですtwitterから頂き☆彡

もの書きになっても、今のところは派遣会社から籍を抜いていません。コラムニストは安定したお仕事ではないですから、何がしかの事情で書けなくなったら派遣で働いて、派遣の仕事が見つからないなというタイミングでまたもの書きに戻る、というスタイルでやっております。

「いいよね~、派遣は気楽で」

の体験ではたった一度だったけど、派遣先で正社員のかたからこんな発言を受けたことがありました。なるほどお気楽ですよね、わはは……? なーんて、頷けるのは私くらいのものだっ☆

大抵の派遣さんは、真面目に生きていらっしゃいます!!!

ときどき、派遣社員に露骨な嫌味を言う正社員がいて、仲間のハートを傷つけるのですが、やめてくれないかなぁ。。。 もっと読む

広告

『ウレぴあ総研』2016年7・8月は、お母さんたちに向けていろんなこと書いてみた。

先月も今月も、お疲れさま。誰にともなく、そう書いてみる……。

例の『ウレぴあ総研』(mimot.、ハピママ*)に、2016年夏に掲載していただいた記事、総まとめです。

『ウレぴあ総研』ではこれから“ハピママ*”に力を入れたいようなので、その流れに呼応して既婚女性向け、特にお母さん向けの企画をいろいろ提案しましたよ(σ・∀・)σ

★7月の掲載記事★

☑年収140万円アップも夢じゃない!? 夫をアゲる“プロ妻”の4大条件

まずは、根拠データのある夫婦ネタです。なんと、妻が”ダンナケア”をするだけで、夫の年収が大幅にアップする可能性もあるという…、驚きの調査結果をチェック。短いので読みやすいと思います。

☑【不倫】やっぱりLINE? 探偵に聞いた、浮気夫のしっぽを捕まえるコツ

お次は、テレビ番組への積極的な協力で有名な、あの原一探偵事務所さんにお話を伺って、実を結んだコラムです。尊敬する職業の一つが私立探偵という私の夢がかなったお仕事と言えるかも!?

聞くところによると、LINEのおかげで不倫の検挙率はアップしているそうで、LINEは不倫の連絡ツールとしては、あまり向いていないのかもしれないな、なんて思ったりも。

☑宗教、生命保険…「ママ友からの強引な勧誘」を“角を立てずに断る”6つのポイント

近藤珠実さんの著作『感じのいい断り方、言いにくいことの伝え方―お母さんのためのおつきあい講座』を参考に、三大“勧誘系”ママ友トラブルの対処法をまとめました。
もっと読む

靴下一足のことで

喜一憂するようなことではないのだろうけど、いま、私は靴下に猛烈に感謝しています。ホント、一足履き替えただけで多くのことが解決してしまうのですから、馬鹿にできません。

sunset_girl_f

お出かけが多いこの季節に、私、「すぐに足の裏が痛くなる」「膝に負担が来るようになった」という悩みの発生で、ピンチを迎えていました。

秋田名物・竿燈祭は今年も美しかったけれど、その裏で個人的には、会場までの道のりに我慢大会を開催中でした。深刻な痛みじゃなかったけれど、気分が塞いでしまうことのほうが問題でしたね。
だって…、何だか年齢を感じさせる出来事ですし……。 もっと読む

リミット外れた欲望の暴走! わたしのマゾヒスティックな願望を満たした暗黒小説『ブラック・ダリア』

ブラック・ダリア (文春文庫)

著者 : ジェイムズ・エルロイ
制作 : James Ellroy  吉野 美恵子

ネタバレです。

の本のおかげで、久しぶりに思い出したことがあります。私、あたまを大きな氷の塊でガツン☆ と殴りつけてくるような衝撃をもたらす本に出会いたい、という、人には打ち明けにくい(でも、ここに書いてしまいましたが)マゾヒスティックな願望を抱えていたのです…!

そのような暗い欲求に応える本が見つかりました。40年代のL.A.で実際起きた、迷宮入りの猟奇殺人「ブラック・ダリア事件」をもとに、ジェイムズ・エルロイが著した分厚い小説です。

たらしい骸となって公園に投げ出された娼婦。危険な夜の蝶“ブラック・ダリア”は、死してなお男たちを幻惑します。オレが殺したと名乗り出る男は一人ならず。警察宛てに届く手紙も、逆に謎を深めるばかりでした。

現実に起きた未解決事件というものには、人の想像力を否応なくかきたてるところがありますが……、ただ単に活字に起こしただけではすまなかったエルロイ氏は、この事件の全貌を小説というかたちで気の済むまで解釈し尽くしています…、なんと解決までしている!? もっと読む

Ranking Share、2016年8月分、独身女性はボサノヴァがお好き♬

暑お見舞い申し上げます。キュレーションメディア『ランキングシェア』で、8月に投稿した記事をご紹介します。

☑夏のドカ食い対策☆気になる脂質をエネルギーに転換!「ビタミンB2」が摂取できるお食事☆ランキング

夏のお食事ネタから。お祭りや飲み会などお誘いがかかりやすいですが、薄着の季節でもあるのでお腹回りが気になりますよね☆ 心に留めておくとよさげな情報として、まとめました。

☑なぜ、寂しいと決めつけるの? 快適極楽♪ 独身だから楽しめることランキング

リラックス、リフレッシュ、一人旅、妄想……、結婚してしまったらこうは楽しめないのではないかな~ということを集めました。 もっと読む

気分はモノクロのことが多い

メラをお供に、街歩きを楽しんでいます。
色鮮やかな写真を載せたいなと思いながらも、気分はモノクロのことが多いです。

 

と言っても、暗い気分という意味ではありません(たまにはそういう日もありますが……)。

最近サイレント映画に関心があってよく見ているのです。無声時代ですから、全部モノクロです。(カール・ドライヤーとフリッツ・ラングは素晴らしい…! 全作品観たい監督です。)

もっと読む

【ブラジリアンミュージック】お部屋の空気がリオジャネイロに変わる?!ボサノヴァの名盤

レビが苦手で、部屋ではいつもラジオを流している私。ミュージックシーンに詳しいというのとは違いますが、さまざまな音楽にふれる機会が多いのかもしれません。

そこで、時期的に……、ブラジリアンミュージック特集で行ってみようかと。

ブラジル音楽を聴けば、夏の気分はリオというもの。よく考えるとリオジャネイロだけがブラジルじゃないだろというわけですが、大雑把で失礼して。リラックスした中にも秩序や調和、洗練された感じのあるボサノヴァをかけて、暑い夏をクールに過ごすのもよし、あるいは正直に気だるさにひたるもよし…。

 

🎶ジョアン・ジルベルト『ジョアン・ジルベルトの伝説』


ジョアン・ジルベルトの伝説
ボサノヴァと言えばジョアン・ジルベルト。
この人抜きでボッサ史は語れない、神にして法王です。

こちらは、1958年から1961年までの楽曲をつめこんだレジェンド盤。
やや強引ではあるけれど、盛りだくさんさがやはり嬉しいです。

素朴ななかにも、とてつもなくおしゃれな声とギターの調べ。
何度でも帰りたくなる、ボサノヴァの原点です。

 

🎶カルロス・リラ『Bossa Nova』


BOSSA NOVA

リオ育ちのカルロス・リラの初期作品集は
タイトルがズバリそのまま…って感じなのも納得の、ボサノヴァ神が宿る名盤。
ボサノヴァとは何たるかを知りたければ一度聴いておきたいもの。

やわらかで美しい、詩的で麗しいボサノヴァに魅了されます。
もっと読む

壇蜜さんのお悩み相談は、回答もまた大人の魅力にあふれていました♡ でも…、 #セクハラは抹殺

日新聞の『(悩んで読むか、読んで悩むか)困った男子には「大人」な対応で 壇蜜さん

セクハラ発言を繰り返す男子にも、余裕をもって切り返そう、といったようなお答えでしたね。

これ、少女が実践するにはちょっと艶っぽい感じだな~とは思ったのですが……、「大人」の女として対処することを指南しているのが壇蜜印で、独特の魅力を感じて、面白く読みました。

その後、回答が物議を呼んでいるとの速報(!)が上がっているのも発見。
多くのかたが、読んだ後で結構本気になってお考えになったのですね。

 

もし真面目に考えるなら(?)、

YOU85_harowinjyosi20131019162822500

まったくもって、このセクハラジャパンはいかがなものかと思っております。
女の子がこんな嫌な目にあわされる機会は、社会から徹底的に奪われてしまえばいいな。

「冗談だよ」「からかっただけだよ」と言えば何でも許されると思っている男性に、天誅!

もっと読む

なぜ、寂しいと決めつけるの? 快適極楽♪ 独身だから楽しめること

18歳から長~く一人暮らしを経験した結果、独り身は快適で大満足で、ただただずっとこうしていたいばかりです。独身ライフには楽しいことがこんなにいっぱい! 私、きっと一生結婚いたしません。

 

✔ リラックスできる。

一人になることで、身も心も十分にリラックスできます。誰にも気を遣わず、余計なことを考えなくてもいい時間って、本当に快適です。

世の中に、これ以上幸せなことなんてあるのかな……といろいろ探してみたけど、他には考えられません。恋愛だってこれには追いつかないのではないでしょうか。

✔ リフレッシュできる。

外で落ちこんだり、傷ついたりするような出来事があったとしても、一人になった瞬間から気分を変えられるのは嬉しい。

心の底までしみこむような深い物語。心の潤滑油になってくれる音楽。とっておきのスイーツ。シャワーを浴びたり、アロマをかいだり。そんなリフレッシュタイムを好きなタイミングでとれます。

bsN784_senrotohyoushiki

✔ 一人旅に出られる。

「電車に乗ったら、降りたくなくなってそのまま……」
「普通列車で、青森から京都まで行っちゃった!」

そう言ったところで、理解してくれた男性は一人としていませんでしたぞ。
不思議ちゃん呼ばわりされるのがオチです。

一人で実践して面白がっていればいいのだな~と思いました。
もっと読む