ウレぴあ総研、2016年9月分☆

レぴあ総研に、2016年9月に掲載していただいたコラムは、2本でした。

★9月の掲載記事★

☑意外とやってる! デートで「面倒くさい女」と思われる女性の“NG行動”3選

人サイトが実施したアンケート調査の結果をもとに仕上げたのは……、なぜか失敗デート例☆ データをもとに書いたところ、このような結論が導き出されてしまいましたが。男性に異論反論があればあるほど、いいなと思います。

デートの話なのにこの画像。女の子が手に握りしめているのは、ビール瓶なのです。そんなところもご覧いただけたらと思ったり、やっぱり気にしないでほしいとも思ったり!?

☑独身と結婚後では、幸せになれる間取りが違う? 幸運を呼び込む部屋の特徴3つ

う1本は、女性が幸せになれるお部屋を紹介いたしました。
精神科の女医さんの著書『間取りの恋愛心理学~ベストマッチなお部屋と恋のつかみ方』(三五館)』をもとに、まとめた記事です。 もっと読む

広告

#航空自衛隊 #秋田 分屯基地航空祭2016、今年の飛行展示は…操縦士救出劇?!

2016年9月25日(日)は、秋田空港「空の日」まつりに合わせて毎年行われる、「航空自衛隊秋田分屯基地航空祭」へ。

dsc02384
救助訓練を待っている人々…

雄和の風景はすすきや稲穂が揺れて秋めいていましたが、意外に晴れて暑かったり、基地の空気が熱かったり……。なんて前置きはさておき、午後の目玉である飛行展示が始まるのを、座り込んで待ち構えている人達がぎっしりでした。

私もその光景が見たくて もっと読む

『プロ書評家が教える 伝わる文章を書く技術』の印南敦史氏は、リズムをこよなく愛し自分イズムを徹底して避ける。

『プロ書評家が教える 伝わる文章を書く技術』

著者 : 印南敦史


計な色や味がついていない水のような文章、だから受け入れられやすい――。するする読めてしまう『ライフハッカー』の書評はいかにして生まれるのか、そのテクニックを書評ライターの印南敦史さんが伝授してくれています。

  • 「リズム」のある文章を生むこと。
  • 「自分イズム」は主張しないこと。

の2つが、消えない印象。

ズム感は、どうやら印南流文章術の肝らしいですね。

 ライターになったばかりのころ、仕事をこなすことに喜びを感じ(その気持ちはいまでも変わりませんが)、書けば書くほどリズム感が身についてくることを肌で感じ、カラダでリズムを刻みながらキーボードを叩いていた時期もありました。

深夜に一人で揺れてカタカタやってる男の図というのは、想像するになかなか不気味ですが、それでも、あのころの感覚は忘れたくないなと思っています。 ‐125ページ

簡潔にまとめること、語彙を増やすこと、センスを磨くこと。さらには引用文と地の文でサンドイッチを作るような構成も、どれもがリズムにつながる方法として誕生したのではないかと思うくらい。

一方で、個人の意見や感想はほとんど書かない、自己主張をしないよう気をつけているとまで、はっきり言葉にされてみるとなかなかに静かな衝撃がありました。
でも、全体的に知的で冷静で客観的な『ライフハッカー』というサイトのトーンには、そのやりかたが奇跡的によく合っているな、とは感じます。 もっと読む

#陸上自衛隊 #秋田 駐屯地 創立64周年記念行事で砲撃に興奮!

2016年も行きました、陸上自衛隊秋田駐屯地の一般公開イベント!

dsc02269
9/18(日)、訓練展示の時間にあわせて訪れると、今年は視界がひらけた位置に陣取りました。昨年と同じ轍は踏むまいと!(昨年:目の前が電柱…。

dsc02262
葉っぱの小山の陰から登場。
dsc02263
狙撃はおまかせ。

を真っ黒にペイントした隊員さんのほふく前進がよ~く見える、絶好のポイントで満足。

ところで、「ほふく」を漢字で書くと「匍匐」なのです。「葡萄」(ぶどう)から草かんむりをとった格好と、限りなく似ているということに……、いつも不思議な気分になります。


もっと読む

Ranking Share、2016年9月分は…☕️喫茶店と古い映画と音楽

ンキングシェアに、2016年9月も投稿しました☆

山形市はほっこり安らげるお茶処がいっぱい♪まったり過ごせるカフェ・喫茶店ランキング

秋の始まり。日に日に過ごしやすくなり、それとともにコーヒーがおいしくなってきたので、カフェ特集からスタートしました☕️ こういう記事をまとめていると、山形に還りたくなっちゃいます…。

全部モノクロ、一部サイレント。今見ると斬新なカール・Th・ドライヤー(ドライエル)の聖映画ランキング

術の秋、映画の秋。デンマーク出身の映画監督、カール・ドライヤーの傑作をご紹介しました。映画好きのなかでも、『裁かるゝジャンヌ』以外はふり返られる機会が少ないようですが、私にとっては全作品観たいと思うほど、面白い監督。ただ、昔の映画なので、何だかテンポが独特(ゆっくり)だな~とは思うかな。

【音楽】嬉しい、楽しい、ちょっと怖い!?ハロウィンパーティーを盛り上げるBGMランキング

ハロウィーンがやってくる! そろそろパーティーの準備に入ったかたもいるころだと思って、こういう記事もさらっとまとめてみました。

お楽しみいただけますように☆

秋、楽しみたい。暑さに参ってしまうことも減って出かけやすくなるし、文化的なものに触れる機会も多いし、何より、おいしいものも増える季節なので……★

追記:ランキングシェア、10月はお休みをいただきます_(_^_)_

(camera:watashi)

【音楽】嬉しい、楽しい、ちょっと怖い!?ハロウィンパーティーを盛り上げるBGMランキング

分はDJ♪ ハロウィンパーティーで流すと盛り上がりそうな、楽しいなかにもミステリアスな雰囲気もあるBGMを選びました。

 

☪マイケル・ジャクソン『THRLLER』
☪ナイトメア・ビフォア・クリスマスの『This is Halloween』
☪ハリー・ポッターの『Hedwig’s Them』
☪『チョコレート工場の秘密』ウォンカズ・ウェルカム・ソング

etc….

qbqtuw8_ly0-seth-doyle

 

いつもの通り、ランキングシェアに寄稿いたしました。
続きはこちらからどうぞ。

 

ラジオから流れたら、気分は最高だろうなぁ……。

シダックスの雅趣に富む広報誌『YUCARI』

ダックスの店頭に積まれていた『YUCARI』という冊子、抜群に興味深くて見入っております。

表紙が粋✨✨なのと、ゆかり、という題が女の子の名前みたい(笑)で何となく気になってしまったという…。そんな変な理由で頂いてきたら、思いのほか充実した中身で。

手にした号は、歌舞伎特集でした。楽屋裏のお話も、劇場ガイドも、分かりやすいし密度が高い!

dsc02228

もっと驚いたのは、これがシダックス広報誌の一部をフリーペーパーとして出したものだった、ということかな。
バックナンバーも見られればと思って、ネットで調べていたら、こうしたページを見つけました。

☑シダックス、“売る広報誌”第二弾「YUCARI」創刊

マガジンブックの本・yucari Books

全版は、販売されているもののようです。おいそれとは手が出ませんが…<^!^>

毎号、日本の伝統文化や和の精神を伝える内容でまとめていらっしゃるようです。素敵…☆
もっと読む

全部モノクロ、一部サイレント。今見ると斬新なカール・Th・ドライヤー(ドライエル)の聖映画 vol.2

vol.1からの続きです。

ールとかドライヤーとか言っても、別に髪のスタイリングの話ではなく、たまたまそういう人名なのです……。デンマーク出身の映画監督、カール・テオドール・ドライヤー(ドライエル)の古典映画は、本当の映画好きにのみオススメします。

※このブログからの文章・画像の転載はご遠慮くださいませ。

怒りの日


カール・Th・ドライヤー コレクション怒りの日 [DVD]

魔女狩りも、ドライヤーの映画を語る上で外せないテーマ。

時代は中世、とある村で牧師が迎えたうら若き後妻アンネは、実は魔女でした。
年の差がありすぎる夫婦関係に満足できなかった彼女は、神学を学んでいた前妻の息子と惹かれ合い、ついに禁断の関係に走ってしまいます。

望みがかなってしまったことで、自分が魔女だと自覚せずにはいられないアンネ。
そんな中で、魔女狩りの手が彼女に迫っていく―――!

みなぎる緊迫感は、異常なほど。
くわしくは控えますが、魔女狩りになぞらえて何か他の罪について表現しているのではないかという説があり、信憑性を感じます……。

裁判長


カール・Th・ドライヤー コレクション/ クリティカル・エディション 裁判長 [DVD]

ール・ドライヤーの監督第一作。

遠い昔のあやまちによってできた自分の娘が、裁判の被告として目の前に現れ、死刑を宣告される。罪の意識にくるしんだ裁判長、カール・ヴィクトルがとった道とは―――

鮮やかなフラッシュバックが特徴的です。

それと、必要以外のものはすべて排した絵作りが素晴らしい…☆ 限られた空間のなかで人物の心理をデザインするドライヤーの才覚は、デビュー作からすでにあったもののようです。

サタンの書の数ページ


カール・Th・ドライヤー コレクション/ クリティカル・エディション サタンの書の数ページ

人間を誘惑し堕落させるため、四時代に現れるサタンの視点を通して、いつの世も心が弱く欲深きひとびとの姿をあぶりだす、サイレント映画。

今も昔も変わらない人間の本質を、悪魔はよくお見通しなのです。

むかしむかし


カール・Th・ドライヤー コレクション/ クリティカル・エディション むかしむかし [DVD]

数々の求婚をこっぴどくふって、周りを困らせてきたわがまま姫が、身分を剥奪されてまずしい暮らしを送りながら、真実の愛に目覚めていくおとぎ話。
豪奢で華やかな前半と、廃屋のような家で暮らす後半の落差を、ヴィジュアルで楽しめます。

私が男なら、城を訪れた求婚者たちに思いっきり見下した態度をとる、高慢ちきな王女時代のほうが好みかも!?
個性的なじゃじゃ馬ヒロインも、すっかり男性に従順になって、めでたしめでたし。という、よくある結末は男性ご都合主義で、どうも頷けないので……。

しかし、言葉ではなく構図、映し方によって、その状況に置かれた人物の立場と心境を表すドライヤーさんの特性が、この物語に奇跡的にはまっているので魅せられます。

 

まとめ

img_1838_f

いかがでしたか?

ういえば、昔の映画って宗教モノが多いですよね☆
特にドライヤーはキリスト教の影響が強い映画作家だから、続けて見すぎるとちょっと参ってしまうかも……!?

しかし、巨匠たちが映画を通して、死生観、人間の業という、精神の奥深いところへ根差したテーマに真摯に向き合ってきたことは、映画史を語る上で欠くことのできない部分なのでしょう。ここはシリアスにならなくちゃね。

※掲載していたランキングサイトが終了したため、こちらに再録させていただきました(__)