回は、コラムニスト/フリーランスライターとして、ちょっぴりお勉強っぽいことを。

『ユーザーと「両想い」になるための愛されるWebコンテンツの作り方 実践的コンテンツマーケティング集中講座』成田幸久著・マイナビ出版)がとっても興味深くて、5回読み返しました。

メディア制作や運営、コンテンツクリエイター系のお仕事をしている人にとっては、頷けることだらけですし新たな発見もある。かなりのおススメ本です。
(ただし、コラムを書く側よりはライターを雇う側の目線に立った本のようでしたが)

DSC05410.JPG

密なコンテンツ愛に満ちたこの一冊から、私自身が役に立つと感じたポイントを、4つだけに絞ってまとめてみました。

もっとも、これは読むことで汲み取れるエッセンスなので、興味があるかたは実際書籍にあたっていただいたほうがいいと思います…。

①コンテンツ制作は『ロミオとジュリエット』のように

業コンテンツはほぼ必ず何らかの制約に縛られています。筆者の思惑100%で書ける記事なんて、めったに存在しません。

・質を追求するより、締切までに完成しそうな内容のほうがはるかに喜ばれる。
・しっかり取材したいネタほど、だいたいは予算面で手が出ない。
・執筆モードに入りたいときほど「おなかすいた」と言い出す家族が集中力クラッシャーだ。
 
などなど、いろいろ、書くことだけに集中させてくれない事情があり、

ご覧になるかたには好き勝手に書いているようにしか見えなくとも、裏側の人は「思うようにならない」という、片想いにも似たむくわれない思いを抱いているものなのです💦

うした必然的逆境を跳ねのけるのは、愛。本書は『ロミオとジュリエット』を引き合いに出しながら、書くための障壁は必ずあるが、障壁があるとかえって燃えるのが真の愛だ、と諭しています。

Webコンテンツの作り手には、壁を愛の翼で跳び越えるロミオの気概、障壁があるほうが興奮するくらいの情熱が大事だというのです。

 

②愛はコピペやテンプレート化されるものではない

これは…、実際、大量の記事を生産するためにテンプレートを作って制作している同業者も見かけます。でも、愛を育むのにそれはないですよね…。

一つ一つに魂をこめて、作っていきたいものです。

 

③本文よりタイトルに愛をこめて

アクセス数が高いweb記事は、タイトルと画像で目立っています。無慈悲なことに、文章がいいからと言って読まれることってほとんどないのです。

だから、本書が説くのはタイトルに《愛》を凝縮させることの大切さ。記事への思い入れも検索キーワードも、タイトルに集める。やってみると、制限文字数で「読まれるタイトル」にするのは、本文内でやりくりするより数倍難しいことがわかりますが、本文よりタイトル、ここが頑張りどころです。

 

④正統派の美しさより、ゾクッとさせる変態性

田さんは、「理由はわからないけれど、よく人から変態と言われる」そう。その通り、この本の骨子は抜群に素晴らしいのだけれど、男性の妄想でできたユニークな例文が女性の私にはちょくちょく気味悪い。やはり成田氏は変態だなと思いました(笑)。ちょいエロが好きなかたはどうぞお楽しみに。

ただ、ちょっとくらい気持ち悪くて下品なもののほうが、Webでは注目の的になります。まっとうな文章はインターネットでは無視される。たとえば「すごい」より「スゲー!」、「あり得ない」よりも「あり得ねえ!」のほうが力強いから、つい目が行っちゃいますよね。…うわ~、使いたくないかも。(!?)

インターネットでは、正統派のキレイなものは求められていない。ゾクッとさせる変態性が要ります。

変態っぽさも下品なのも私はイヤなので、別のやり方を探さなければならないけれど…、変わったことをし出かそうとする反逆心は、持っておこうと思います。

 

ご縁が嬉しい🎶

ころでこの本には、インフォバーンや、そのグループ会社のメディアジーンといった会社名が何度も出てくるんですね。なんと! 私がいまやっているお仕事と関わりがありまして……、セレンディピティですね~。

別に媚びているわけではなくて、ネットで質の良いものを読みたい…と渇望しているうち、この本に出てくる会社の運営メディア『ライフハッカー』や『カフェグローブ』をよく閲覧するようになっていました。その「片想い」の状態からスタートして、最近は自分でも『マイロハス』に参加するという「両想い」へ。好きなものに自分を寄せていったら、そうなりました。

だから、結局、コンテンツは愛だなと。

これからも、愛を学び続けます。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中