今度こそデジカメ万年初心者脱出を誓って、カメラ片手に街をさまよう木谷です。

回アップロードした植物群は、ニューヨーク×2で撮影したものです。……海外ではありません。パチンコ屋さんの名前です。


秋田市手形の「広面店」がとてもおしゃれなので、
画像、さらに大量投入☆☆☆

景観に気を遣っていらっしゃるようで、店頭に綺麗な寄せ植えやベンチがならび、案内版までフォトジェニックなパチンコ屋さんです。

DSC05497

ここでまた一つ、マイ法則。
構図が決まらないときは、縦長で撮るとなんとなくスタイリッシュに見える…ような気がします。

さて、最近のわたくし、小生意気にも「時として、明るすぎるのも気品に欠ける」と感じるようになりました。色鮮やかなものはだいたいにおいて美しいのだけれども……、過度に色数が多いのもどうであろうかと。

それなら、自分なりに、納得の行くように工夫しよう、と。

くすんだ可愛さ(?)を狙ってみることにしました。

 

DSC05535

↑なんかどんよりで、目立たせたセンターの花がどうも垢抜けないし、右端で枯れてる花も「ないな~」と思う、NGショット…(-_-;)

ちらから枯れた花をとり除いて、明るさを補正しながら、くすみを足してみます。

 

DSC05535色調をおさえて、全体にスモーキーピンクがかった画像へと加工。
下の黄色いお花はもったいないけれど、大胆にばっさりサラバしてみました。

加工前に比べて、おしゃれと言えばおしゃれかも♪ いいな、スモーキー。

「ま、こういうのもありかな☆」という程度の話ではありますが……☆

 

れより、撮影スポットって、思いもかけないところで見つかるもの。

ギャンブルには慎重派の私ですが…、パチンコ屋さん巡りをしてみるのが面白そうだと思い始めているのです!

風景写真を趣味にしているかたって、はるか遠くまでお出かけされますよね。美しい紅葉や霊験あらたかな滝を求め、立派な装備を整えて山奥まで出かけていく。その向こうには素晴らしい別世界が待ち受けているのだろうけれど、うっかり熊さんに遭遇しそうでもあるし。

自分が同じことをしても、撮れた写真にはきっと「おしゃれじゃない」という不満が芽生えてしまうだろうし、身近にある景色の素敵さにもっと敏感になりたいし……と考え考え、いろいろ訪ね歩いてみた結果、わたくし、遊興施設前で覚醒しました。

またどこかのパチンコ屋さんの前で、一人粘って撮影しようと決意をかためましたので、じきに実行します。

広告

ニューヨーク・ニューヨークでの一人撮影会でくすんだ感じに” への2件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中