カテゴリー: 【修行】愛されるWebライティングを目指して

コラムってどうやって書くの?

Be seeing you

「コラムニストになるには」で検索して、このブログにお越しのかたへ。(結構な数でいらっしゃいます。ようこそ♪)

執筆活動に興味を持っている、でも、どうやって書くのかわからないというかたは多いようです。そこでお役に立ちそうな記事を集めてみました。併せて、現役コラムニストである私自身の体験から言えることもご提供しますので、中身をかきまぜないで召し上がってみてくださいね。

✔コラムニストを目指す人のための情報サイト|コラムニストの仕事 -Career Garden

コラムニストとは、コラムを書くひとのことです。知ってるって? でも、当たり前のことを見過ごしていることもあります。いま一度、お仕事内容を確認しておいてはいかがでしょうか。

 

ここからは、コラムの書きかたのご紹介です。

✔「コラム」と「エッセイ」の違いは? -1分で読める!![ 違いは? ]

●コラムとは何か。
●エッセイとどう違うのか。

を認識するといいと思います。あ、インターネット上においてエッセイスト募集はほとんどなく、9割がたコラムニストが求められています。

紙媒体で活躍されるかたは、エッセイとあまり変わらない自由形式で執筆されるかたも多いので、エッセイストとの境界線がだいぶ曖昧ですが……、Webコラムなら「エッセイっぽくしないよう注意すること」が肝です。

文章を書くのが得意なひとって、出発地点ではどことなくエッセイスト寄り。文章を使って、創作活動や芸術表現に走りたい、自分の言いたいことを文字にしたいという欲を、どこかに持っている。

でも、Webでコラムニストになりたいなら、「エッセイっぽさを消す」つもりで軌道修正していくことが大切です。Webメディアのほとんどは創作や芸術性を求めていないので。

✔「コラムってどう書けばいいの?」書き方を教えます|ブログルポ

Webコラムの書きかたは、こちらの紹介が分かりやすいです。

ざっくり言うと、根拠データ集め→情報分析→自分なりの意見をさしはさみながら紹介、という構成で書くのがコラムです。

多くのかたが興味を持ちそうなテーマでアンケート調査を行ったり、関連文献を読みこんだり、取材に行ってきたり。材料を集めて結論を導き出します。サイエンス(調査・研究)の意識があるといいと思います。

れでいながら、根拠データをただただ列挙するだけでは×。それだとただの説明文でしかないので。データをもとに、自分の意見を表明するのがコラムニストの本領です。

たとえば、「もっとも多かったのはAである」という結果が出たら、なぜ多かったのかその理由を考える。あるいは、「平均はB」との結果に対して、「Bになるのもうなずける。自分もそう思う」などと共感する。
といった具合で、データに私見をプラスしていきます。

同じ情報ソースを使っても、作者変わればそれぞれに独自の見解があり、違った味の読み物に仕上がるのがコラムの醍醐味です。なので、私は自分で書くだけではなくて、人のコラムを読むのがとても好きだよ、です。

✔プロのライター、コラムニストになるには?・その1 -神崎桃子オフィシャルサイト

✔プロのライター、コラムニストになるには?・その2 -神崎桃子オフィシャルサイト

また、現役コラムニストのかたがまとめたこの記事は、ぶっちゃけ感があってとても参考になります。

DSC05410

(この本、よかったです。。。)

私なりにまとめますと、

①「エッセイ」との違いを意識する。
②「サイエンス」する。
③「シンキング」「エモーション」を加える。

これで、インターネットでコラムと呼ばれている形態の読み物が成立します。

きっと書けますよ!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中