『ウレぴあ総研』9月、トリッキー脳からの異性間コミュニケーション

事も趣味も全力投球した、しあわせな9月。

大好きな大好きな自衛隊イベントの季節でもあり、それとは全く違った柔らかい世界観で繰り広げなければならない恋愛コラムの執筆で、心の中で落差が最大スケールまで広がってしまう秋ですけれども、両極端の展開をどちらも楽しみ抜くことができました。

私本人が面白がりながら書けた2本が自己満足に終わらず、どうかご覧くださるかたにも楽しんでいただけることを祈りながら、活動報告します。

✅“トリッキー脳”がカギ!? 「本命彼女」になる3つの秘策

悲しい恋を明るく改善するアドバイザー・藤本シゲユキさんの著作『本命になる技術』をもとに書き上げました。 “『ウレぴあ総研』9月、トリッキー脳からの異性間コミュニケーション” の続きを読む

広告

MYLOHASで、9月はとっておきの一着について

一度書きたいなと思っていた題材で、MYLOHASに載ることができました。
それは……、下着です。

DSC06867腰帯つき


下着コンシェルジュが教える、気分も運気も上げるランジェリーの選び方

折しも、世界初の👚下着コンシェルジュ・山田奈央子さん著『とっておきの「一着」さえあればいい』(宝島社)という、大人の可愛さにあふれた書籍に出会ったところでしたので、この本から、私の気持ちの奥にふれた部分をご紹介しました。

おかげさまで、多くのかたにご覧いただけている記事です。ありがたいです♪

“MYLOHASで、9月はとっておきの一着について” の続きを読む

空高く、誇り高く。ヘリコプターのパレード

使命感をもって働く人は、胸に誇りを抱いているから強くなれるのだろうね。

DSC07440応援されることでも、力がわいてくるのだろうなぁ。

 

“空高く、誇り高く。ヘリコプターのパレード” の続きを読む

陸上自衛隊秋田駐屯地創立65周年記念行事。いよいよ作戦決行!ダイナミックフォーメーションの訓練展示を堪能

陸上自衛隊秋田駐屯地創立65周年記念行事の話、最終章です。

基地に来たからにはこれを見ずして帰れないし、見たら載せずにはいられない、訓練展示

65周年記念にふさわしい綿密な作戦が決行され、例年以上のスケールでくりひろげられし模擬戦闘に、息を飲みました。

DSC07396

 

ヘリコプター部隊が先行。これが昨年までと違うところでした。

低空飛行で起きる風に、周りの木々がゆさゆさ、ざわざわ…。緊張感が走る! “陸上自衛隊秋田駐屯地創立65周年記念行事。いよいよ作戦決行!ダイナミックフォーメーションの訓練展示を堪能” の続きを読む

陸上自衛隊秋田駐屯地創立65周年記念行事で、アクロバティックなバイクドリルを心ゆくまで堪能

陸上自衛隊秋田駐屯地創立65周年記念行事の話が続きます(`・ω・´)ゞ

今年2017年は、動きの激しい運動量豊富な展示を、心ゆくまで堪能いたしました。

DSC07304
観閲行進が終わると、早速展開されたのは、バイクドリルでした。

スモークを焚いたみたいになっていますが、天然です。

風が強い日だったこともあって、総勢11台のバイク部隊が駆け抜けると、いい塩梅(あんばい)に土煙が立ちのぼっていました。

 

私にとっては初見学だったバイクドリルは、大・迫・力!

アクセルジャンプやターン、ウィリーなど、高度な技の連続でした。 “陸上自衛隊秋田駐屯地創立65周年記念行事で、アクロバティックなバイクドリルを心ゆくまで堪能” の続きを読む

陸上自衛隊秋田駐屯地創立65周年記念行事、今年は観閲行進とブラスの響きを心ゆくまで堪能♪

ーミーネタ豊作の季節がやってきました。

DSC07452

●9月16日(土)…千秋花火会場での自衛隊第9音楽隊演奏
●9月17日(日)…陸上自衛隊秋田駐屯地創立65周年記念行事

に、続けて出撃してまいりました。
土曜の演奏会は、駐屯地記念行事と千秋花火のコラボ企画として、県民会館での上演。

歌姫の美声も響き渡り、キラキラ反射するフリューゲルホルンやフルートも輝かしかった☆☆☆ ステージ照明を浴びたみなさまが奏でる音色に、心が弾みました。

DSC07204

…実は、ちょっぴり遠い位置から視線を送っておりました。

聴き終えてすぐに川反サンバカーニバルのPRタイムに駆けつけるため、一番後ろの客席に着いたので。1日の間に音楽とダンスと花火が味わえるとは、ここはなんとあわただしい楽園なのでしょうか。東北なのにラテン系だし……。

 

日の日曜日は、大本命の駐屯地イベントへ。65周年という節目に当たり、例年にない祝賀ムードを肌で感じながら門をくぐりました。 “陸上自衛隊秋田駐屯地創立65周年記念行事、今年は観閲行進とブラスの響きを心ゆくまで堪能♪” の続きを読む

第5回川反サンバカーニバルで、笑顔と美脚と美尻を追いかける

「どんな時でも笑顔でいたい」ってよく聞くけれど、そういう人が一体この世のどこにいるのだろう……と思っていたら、超実践的な方々に会ってしまいました。

川反サンバカーニバルで。


秋の秋田は毎週イベント目白押しなのですが、その中で、個人的には最もパワーをもらえる機会と言っても、大袈裟ではありません。

 

北国・秋田から一歩も出ずに、エキゾチックなサンバのパレードを味わえる。一見意外なようですが、歓楽街である川反(かわばた)の夜のムードにはぴったりはまって、一度見たら病みつきになってしまう迫力と魅力です。

まずは、なかいちエリアに足を運びました。同日開催の「あきた元気祭り/千秋花火」という、これも人気イベントの会場で、川反サンバのPRタイムがあったので。

DSC07212 スタッフのおじさんが真正面から撮影しようと… “第5回川反サンバカーニバルで、笑顔と美脚と美尻を追いかける” の続きを読む

まちなか秋田ねんりんフェスタ

30回を数える全国健康福祉祭、通称「ねんりんピック」が秋田で開催に。

その関連イベント「まちなかねんりんフェスタ」でにぎわう駅前に、くり出してみました。

写真をいっぱい撮っていたので、一部公開いたします。

ほんの一部ですよ。ほんの。……。ほんとかよ……。

“まちなか秋田ねんりんフェスタ” の続きを読む

はさみを使う時は、

先がうまく動いてくれない。持ち手が震えてくる。上手に切ろうとすればするほどうまくいかないし、綺麗に切ろうとしているのにギザギザになる。

子どものころから不器用な私は、その日もただまっすぐ切ればいいだけのモノを前に、緊張し切っていました。大丈夫だよ、ゆっくり丁寧に……と自分に言い聞かせましたが、手にするともう、はさみは揺れ始めていました。本当に泣きたくなってしまいます。なぜ、どうしてこんな簡単なことができないのか――

そんないつものパターンに悩んでいたのですが、ふと、肩の力が抜けました。投げやりというのとも違うけれど、心がひどく疲れてしまって、丁寧にしようにもできなくなっていたのです。その瞬間、ただ何も考えずに、はさみを動かしていました。

その時、私は生まれて初めて、すうっと一直線に、はさみでモノを切りました。

“はさみを使う時は、” の続きを読む

待つって、しあわせ。

月はエアコンまで夏バテを起こしてしまい、部屋で茹でだこになっていた私。そこである1日、本や資料を鞄につめこんでファミレスに退避し、ドリンクバーの飲み物を全種類制覇したのではないかというほど、長居をいたしました(__)

ドリンクバーのコーヒーマシンというのは、おしゃべりなものですね。ボタンを押すと、「グガガガガガガーー、ブシューッ、シューッ、シュワシュワシュワ、クプッ、タラッ、コポコポコポ……」などなど、多様な音数を披露してくれます。

カフェラテやカプチーノを淹れる間、その内部で起きる振動音の微妙な差異や、シュワシュワ漏れ出てくる蒸気、豊かなアロマを感じながら、ドリンクができあがるのを待つのって、私なら楽しい。

s-0068kb2015-12-8

▲gazou:フリストック様。

 

しかし、そのうち1回だけ、ドリンクバー前で主婦のかたとかち合ったのです。

グー、ガガガ…とコーヒーマシンが例によっていそがしく稼働し、盛大に立てる音に耳をそばだてながら、しばしその場に立っていたところ、その主婦のかたは焦れてきて、

「まだなの? 遅いわねえ。時間がかかってしょうがないわよねえ。もっと早くできないのかしら」

と、大きな声でコメントされていました。 “待つって、しあわせ。” の続きを読む