ぼけたままコンビニに入り、ふにゃっとした笑顔を浮かべて「ごきげんよう」と口走ってしまった朝がありました。私は寝ている間に人格が変わるのか。それとも、さてはこっちが本体か……。

しかし、店員さんが「いらっしゃいませ」と返す硬い表情はフローズンだし、お客さんたちから集中した視線は見事な流鏑馬で、そのいたたまれさに目が覚めました。

変な前置きでしたね。

こからが本題で、某日、

「挨拶するのは当たり前だよね」

と、怒りに近く迷いのない強い調子で話すK氏に、私は心からは頷けずにおりました。

彼の言ってることは合っている。曇りなく、そう思い続けていてほしい。考えを変えてほしいわけじゃない。私も日頃は挨拶することを世界の常識だと信じて、条件反射的に実行できるよう訓練しています。だから、その場では「うん」という、寝ぼけたようにおとなしい返事しかできなかったのだけれども。

その場で脳みそをレモンにして意志でギュッと圧をかけて(もののたとえですよ…)、即座に酸味の効いた言葉を空中に絞り出す瞬発力があったらいいのに。

あとで思いついたのは、

「強要するのかい?」

のひとことでした。

喉がつらいとき、心が痛んでいるとき、焦って余裕を失って周りが見えなくなっているとき、どうしても他人に笑顔で挨拶できないコンディションの人もいます。私も、その経験者です。かつて、何かに屈しかけていた時があった。

そういう人の痛みまで誰しもが共有しなくてもいいけれど、ただ、態度を強要しないでさえくれれば、ことは済むよ。黙ってすれ違ってくれればそれで済む一瞬。

ちらから挨拶しても返事がないときに不快に感じてしまうかもしれないけれど、でもやっぱり強要できるものではないな~と思っちゃうのです。

それを超えて、いかなる場合も笑顔で挨拶し切れるパーフェクトな人間には心底感服しますが、出会う人みんなに要求するのは何かが違う。

挨拶させるために脅して、力で相手を意に添わせるような粗暴な人間にはなりたくない。挨拶すべきでしょ、と迫りたくない。

私は「挨拶しろ」って言わない人になりたい。

ただ、自分はしたいことが多いので、きっと、します。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中