今日の日をもっと…!

っておくと「昨日の自分はどうすればよかったんだろう」という方向に考えが向かっていってしまう。

少しスパンを短くして「どうしたら今日の日をもっと楽しめたのか」考えてみたらいいかも。

慣れてきたら、次は「どうすれば明日をよりよく楽しめるか」という方向にグイッと力を加えて、考えを運んでいくのが理想✌

広告

疲れたなんて言うべきじゃない?

る日のラジオから流れたセリフ。

「疲れたなんて言うべきじゃないと思った。」

そう言った歌手が、とりあえずかっこいい🎶!(でも、名前忘れた…。)

全くもっておっしゃる通り、ネガティブなことは口にすべきではない。見習おう、早速今からそうしようと思ったのでした。
もっと読む

身近な人々が言いそうなこと。

年下さん→「言われなかったからやりませんでした」
対策:どストレートに話す。ことわざや慣用句、いろんな言い回しは不可。

親世代以上→「言わなくてもそのくらいやるものでしょう」
対策:態度で示す。謝罪ベター。先回りがベスト。言い訳無用。

男性たち→「何が言いたいのか分からない」
対策:先に結論を伝える。用件のみ述べる。共感への期待は不要。

☀ガバッと起きたくて

つて、Webメディア『マイロハス』に

『☑ていねいな身支度で、心の余裕をつくる朝に』

という記事を掲載いただきました。あきたいねみさん著『自分をひらく朝の儀式』を読んで得られた気づきや、実践して迎えた朝の心地よさをパックした1本。

短い記事で書ききれなかった感じはあったけれども、実際、この本と出会って以降、私の朝の過ごしかたはずいぶん変わりました。一日の始まりを、おおらかな心持ちで迎えられるようになれた……ような気がするのです。

しかし、しかし。一つだけ、無理なことがありました。

 

alisa-anton-140238-unsplash
もっと読む

「類は友を呼ぶ」としたら、私はまだまだなのかもしれない。

「類は友を呼ぶ」という言葉を聞くたび、心がズキッと言います。

本当に「ズキズキ」、もしくは瞬間的に「ズキッ」と何かを刺しこまれるような感覚に見舞われます。
もしかして、私は悪友なのかな……!?  もっと読む

セルフレジ元年

暮らしの中で習得する新技もそろそろ減ってくるころか、と思っていたアラフォーですが、ここに来て追加認証した初体験がありました。

始に映画鑑賞したいなと思って訪れたレンタルDVDショップに、セルフレジが導入されていた件を書きます。

とまどう人なんてそんなにいないのかもしれないけれど、ドヤ顔で張りつけておきますね。さあ、こうやるのよ!
もっと読む

私にも流れている秋田人気質(かたぎ)

きなり潜入調査!?

工藤医腸内科クリニック(秋田市中通・秋田キャッスルホテル内)の10周年記念講演会という機会があり、「何だか面白そうだ」というただそれだけの理由でお邪魔してきました。
(どなたからも招待されていないのに、勝手に入りました。わ~い!)

10th.jpg

会場は、そのクリニックも2階に入っている、秋田県内で最も格式が高いホテル★

豪華な大広間で行われた二つの記念講演。このブログでは、脚本家・内館牧子さまの友情講演についてだけ触れるとしよう。 もっと読む

音が戻ってきたよ。

調のことはネット上に書かないようにしてきたのですが(なさっている方にお伝えすると、他人が読んで楽しい話題ではありません。気をつけたほうがいいのです)、元気元気な話ばかりでも嘘になるので、失礼して、すこしだけ。

夏の終わりころから、左耳の聞こえが悪くなっておりました。

耳鳴りのリンリン&ジージーに「弱ったなぁ」とは思っておりましたが、このくらいでお医者さんの手を煩わせるのも……と躊躇している間に、異変拡大スペシャル★

FB200_L

もっと読む

セリフよりもトーン

※ここから1個お引越しさせたコミュ技です。

じことを発言しても、信用される人とそうでもない人がいますよね…。

話している途中で相手の冷たい視線にぶつかって、「あ、いま信じてもらえてないんだ……」と分かってしまうと、結構メンタルやられちゃいます💦 それでも時には言わなければならないこともあるのですが。

PA151026533579_TP_V4

最近、コミュニケーションに関する本をよく読む私。女性向けサイトにモノを書いているので、主に恋愛に役立てるものはないか?という密命を帯びての読書ですが、だいたい恋愛以外にも当てはまるナレッジがたまってきます。

8~9割に書かれている残酷な事実が、
もっと読む

二度寝

然ですが、あなたは二度寝がお好きですか……?

私は、二度寝すると起き上がれなくなる自分を知っているので、目が覚めたらなるべくすぐに起きることにしています。
朝早ければぼんやりする時もあるし、疲れが残っていて這うようにしながらという時もある。けれども、まだ頭がまともにはたらくうちに、その快適なぬくもりのなかから抜け出さなければと思うのです。

眠ければ寝るというのは、きっと素晴らしくしあわせですよね。でも、しあわせに圧倒されるのが怖いのです。抵抗できるうちにここから出なければならないような気がする……。

しあわせのせいでダメになりたくない!

こういう些細なことにも、性格って出ますよね。