カテゴリー: 番付書物今日は何の日

【夏こそ読書】地球改造計画まで行き着いた★壮大すぎるジュール・ヴェルヌの異色作ベスト10

7月20日は「月面着陸の日」とのこともあり、この作家についてまとめてみました♪

になると読みたくなるジュール・ヴェルヌ。空想と冒険の物語を多く創作したフランスの作家です。未知の世界へのあこがれに満ちた小説で、想像力を刺激してくれます☆

今回は外しましたが、『十五少年漂流記(二年間の休暇)』『海底二万里』『八十日間世界一周』なども知られていますよね。

有名作家で古典の棚に祀り上げられてしまった著作が多いため、あえて人が読んでいなさそうな作品こそをピックアップすることにしました★

IMG_9680

ミステリアス・アイランド―神秘の島(集英社文庫)


ミステリアス・アイランド〈上〉―ジュール・ヴェルヌ・コレクション (集英社文庫)

いろいろ読んだ中で、私はこちらが一番好きです。
5人と1匹がたどりついたのは無人島。知識と発想力という人間の武器を最大限に使って、島を開拓してゆく物語で、夏に読むと気分が出ます!

通常何作分もの作品ができそうな数のアイディアが投入されていて、濃密。
気球。脱出。海難。漂流。探検。フロンティア精神。
自然の脅威には化学・科学で対抗する!
苦難や逆境を克服するカタルシス!
そして、カリスマ○○船長現る!!
冒険の日々にはいつか終わりが来るというペシミズム。

ジュール・ヴェルヌが持つ原始プログラムを惜しまず注ぎ込んだ作品、それが『ミステリアス・アイランド』なのです!!!!←力説のエクスクラメーションマーク。

 

アドリア海の復讐(集英社文庫)

アドリア海の復讐〈上〉 (集英社文庫―ジュール・ヴェルヌ・コレクション)


アドリア海の復讐〈下〉 (集英社文庫―ジュール・ヴェルヌ・コレクション)

史陰謀モノ?
祖国ハンガリーの独立を目指し力を尽くしていたサンドルフ伯爵は、手痛い裏切りにあって、同志たちとともに牢屋につながれてしまいます。
脱獄するも固い友情で結ばれていた仲間たちを喪い、伯爵自身も姿を消すのですが……

15年もの年月を経て、ついに復讐鬼が、キター―!!

筆致が熱くて、「どうか逃げてくれ!」「生きのびてくれ!」「やってまえ!」と、読むほうも前傾姿勢で拳を握りしめちゃう歴史ストーリーです。

復讐譚というには健全すぎたかなという感じも受けたけれど、そこに救いもあります。

政治謀略と冒険の融合といえば、ヴェルヌが執筆活動をするにあたってお世話になったアレクサンドル・デュマ氏(『三銃士』『岩窟王』)の十八番でした。
そうしたルーツを感じさせる、デュマっぽいヴェルヌ作品です。
“【夏こそ読書】地球改造計画まで行き着いた★壮大すぎるジュール・ヴェルヌの異色作ベスト10” の続きを読む

カテゴリー: 書物消防・防災・救急今日は何の日

3.11。『悼む人』は告げる、「おぼえているよ」と…。

きなショックを受ける出来事があったとき、「忘れる力」こそが前向きに生きるための方法だと信じてきました。

時の流れのなかでつらい記憶が薄れていくことは、人間が生きる気力を取り戻すため、必要にして起きるはたらきなのだと。全部を記憶していたら、心も頭も耐えられずに破裂してしまいそう。

しかし、思わぬ事故や事件、災害などで大切なひとに先立たれたかたがたから上がるのは、「忘れないで」「風化させてはならない」という声です。

その声を聞くたび、正直、罪悪感を感じます。きっと、私はその言葉にこめられた意味を、本当の意味では理解できていない。私は、忘れてしまう……。

そんな後ろめたさがピークに達したころ、たまたま手にとった本がありました。

天童荒太さんの小説『悼む人』です。死生観という、人間として根源的なものを問う内容に圧倒されながらも、「絶対忘れない」ということの意味を考えるきっかけをもらいました。

(文庫版より、単行本の表紙の彫刻が気に入っています。)

「忘れていく」私と、「おぼえている」青年

それは、見ず知らずの人々の死を追悼するために全国各地を旅する、ふしぎな青年の物語。 “3.11。『悼む人』は告げる、「おぼえているよ」と…。” の続きを読む

カテゴリー: 今日は何の日

「ふるさと文学2016 石川達三と秋田」、作家の生涯を語る女形活弁あり、壇蜜さんのお色気朗読あり、高密度で大満足でした。

DSC03025.JPG

10月29日=県民読書の日のイベントとして開かれた「ふるさと文学2016 石川達三と秋田」、密度の濃い時間でした。

第1回芥川賞受賞作家・石川達三(秋田県横手市出身)をテーマにした、じっくりしっとりしっぽりと楽しめるイベントで。あれほど文化レベルの高いことを秋田で見聞きできたのは夢のようで、ここ5年くらいで最も知的な時間を過ごしたような気がしています。
日本ペンクラブの方々に感謝☆

達三さんが歩んだ歴史をまとめた映像は、ふしぎな浮遊感のあるチェレスタの音色と、活動弁士の語りとともに……。じっくり見入って、聴き入りました。
いまちょうど無声映画×活弁に興味が向いていたため、何とか鑑賞したいとチャンスを探っていたら、思いのほか近場でかないました。
“「ふるさと文学2016 石川達三と秋田」、作家の生涯を語る女形活弁あり、壇蜜さんのお色気朗読あり、高密度で大満足でした。” の続きを読む

カテゴリー: 書物今日は何の日

2月1日は、メアリ・シェリーの忌日

日は何の日?

1851年の2月1日は、『フランケンシュタイン』の作者、メアリ・シェリーの忌日でした。

Frankenstein: A Kaplan SAT Score-Raising Classic (Kaplan Score Raising Classics)

これ、真冬に読むとぴったりハマりますよ。。ちなみにフランケンシュタインは怪物を作った科学者の名前であって、怪物は名無しさんです。

ビュージャパン⇒ブクログから、私の古い感想です。

☑『フランケンシュタイン (創元推理文庫)』のレビュー (木谷梨子★) 

今読むと意気込みすぎの文体が少し恥ずかしいので、補筆してみたんですけど直し切れません。シェリーさんも大仰でおどろおどろしいトーンで書いていますから、相性が合っているんじゃないかな……と思いたいです。

カテゴリー: 寄稿・掲載今日は何の日

11月24日は「ストーカー規制法」が施行された日。当てはまったら来年は自己改造を! ストーカーにねらわれやすい人ランキング10

2000年11月24日、ストーカー規制法が施行されました。

 

一方的な思い込みからつきまとい行為を繰り返したり、メールやメッセージを一方的かつ大量に送り続けたりするストーカーって、迷惑千万。標的になりやすい人には一定の性格傾向が見られるため、パターンをまとめてみました。

 

stop_copying_me

1位 接触する気がないことを言葉で伝えていない

元恋人に、なぜ避けるのかを伝えないままスーッとフェイドアウトしようとするのは危険です。

「嫌がっているのは見れば分かるはず」
「避けていればそのうちあきらめてくれるだろう」

という見込みで去っていこうとしても、
向こうは納得していないと、逆に執着心を強めてしまう場合があります。

避けるだけではなく、一度は勇気を出してハッキリ「もう、あなたとつきあう気はない」などと、接触を断つ一言を放つ必要があります。
“11月24日は「ストーカー規制法」が施行された日。当てはまったら来年は自己改造を! ストーカーにねらわれやすい人ランキング10” の続きを読む