『ウレぴあ総研』でLINEと探偵と映画の5月でした。

5月も『ウレぴあ総研』にコラム執筆。3本載りましたというご報告です。覗いていただければ嬉しいです。

↪【LINE】脈なしからの逆転もあるかも!? “愛されメッセージ”をつくる5つのポイント

2018年現在のボーイ&ガールには欠かせない連絡ツールだということで、久々のLINEネタで書きました。

恋愛アドバイザー 高野麗子さんの人気著作『彼があなたに本気になる♡ 恋愛×SNS講座』を参考にしたものです。

この本は、テクニックもさることながら、「依存していることは自覚の上でどう使うか」という発想から書かれている点に、引きつけられるものがありました。関心を持たれたかたは、実際ご本をご覧になってみて。

↪あなたは“漬物石ガール”? “軽石ガール”? 当てはまったら「女の存在感コントロール術」を知ろう!

続いては、「彼にとって私って何?」と疑問を感じたことのある女性へ。絶大な信頼を寄せている職業「探偵✨」のかたが著した恋愛本をもとに、”存在感”についてまとめ上げました。

自意識を抑えて自分の存在感を客観的に見てみようという、こちらも自覚重視型アドバイス。

探偵本、いっぱい読んでいます📷。
↑黄色い本が、このたびご紹介しているRYOTAさんの著書。

漬物石ガール、なんて言葉の選び方も使い方もユニークです。

どうにもこうにも、腰巻の猫ちゃんが愛らしすぎてそちらに視線が奪われてしまいますね。本を見る時、「この人はRYOTAさんじゃないよ」と自分に言い聞かせております。写真で猫をだっこしている爽やかな方は、メンタリストDaiGoさんなので…☆

シルヴィア [DVD]

↪彼の気持ちが離れる前に! 「嫉妬」をうまく処理する2つの方法

3本目はこじつけ映画コラム。中身は「嫉妬対処術」になりました。

間違いなく、偉大な”漬物石ガール”。爆発的な妄想界を幻視しているがゆえに、普通の人間には到底理解し得ないような嫉妬の苦しみに身を焦がした作家、シルヴィア・プラスの伝記映画を取り上げました。 もっと読む

広告

『ウレぴあ総研』2018年3月掲載分まとめ

3月は『ウレぴあ総研』で、多様な話題にかかわらせていただきました。まずは掲載された3本をご案内します。4月公開に回った記事もあるので、解禁後にあらためてご紹介しますね。何だかすっごく働いたような気がするよ。。。

↪簡単に「垢抜け顔」になれる! フランクミュラーコラボ“かわいい限定コスメ”集

濡れ艶メイクに”とき”めく(*´・∀・*)! 春のコスメニュースを担当しました。

2018年3月に10周年を迎えたコスメブランドCHICCA(キッカ)が、フランクミュラーコラボで発売した【春限定コスメ】。商品イメージにも春らしさがあふれていてキラキラです☆☆☆

20140414113458-101S

CHICCAは、別人のようによそよそしい美しさではなく、あくまでも”その人らしく”素敵に魅せるメイクを提案しているコスメブランド。女性本来の美しさを引き出すこのコンセプト、また取り上げる機会がある…かも!? 読み方はキッカです。チッカじゃないのでお間違いなく。

↪「若い子がニガテ」な男性は少なくない!? 年上女性が求められる“5つの理由”

次は、アラサー・アラフォー女性応援型コラム。

行きがかり上、お若い世代を悪役っぽく登場させてしまったのが申し訳なかったような気もします。若い頃から落ち着きのある女性もいるし、何歳になっても迷惑な人はいるもので。問題は年齢ではなく性格でしょうね。
もっと読む

ウレぴあ書き初め!? 1・2月の記事/キャッスルホテルの初春

『ウレぴあ総研』で、2018年も引き続き執筆中です。よろしくお願いいたします。

1月は、こちらを掲載いただきました。

camila-damasio-91785.jpg

☑冷え症さんはココに注意!「温朝食」の大事なポイント3つ

冬らしい話題。ご飯を食べて、体をあったかくしてお出かけしましょう、という健康コラムです。

いそがしい朝は朝食をとる時間の確保もむずかしいかもしれませんが、冷え症だという自覚がある人なら体に”燃料”を入れたほうがいい!と思ってのご提案です。元データがお医者さん監修なので、根拠きちんとめです。

そして、2月。

☑【メイク】自信は“眉”からと判明! 「ポジティブ眉」をつくる3つの簡単ポイント

眉から開運!? 脳科学的と心理学の見地から、女性の自信スイッチは眉でONになる☆という、美容コラムを書きました。こちらも根拠しっかりめ。鏡を見て「自分の顔が好きになれない…」と悩んだことのあるすべての女性たちに捧げる情報です。

このたびは、イラストレーターのmikemoriさまより、ページ作りにお力添えいただきました。可憐さに感謝❥ ですので、おしゃれイラストも併せてお楽しみあれ。
もっと読む

【ご縁に感謝!】ウレぴあ総研でのコラム掲載、この12月で3年目を迎えました。

……恐悦至極に存じます。

ウレぴあ総研』というメディアに公開の場を与えていただいて、この冬で参加歴3年目🎉を迎えました。

3度目の12月は、婚活スペシャリスト佐藤律子/著『ずるいくらい思いのままに恋が叶う』を参考図書に選び、恋→結婚についてのコラムを公開。

好きな人の“結婚相手候補”になるために! 知っておきたい3つのポイント

秋に載せた律子さんご協力コラムが、おかげさまで多くのかたから読まれていたので、感謝をこめて彼女の著書からポイントをピックアップ。

記事タイトルを、編集さんが↑のように分かりやすいものに替えてくれていました。

私がつけた仮タイトルは『カリスマ婚活スペシャリストが明かす! 恋愛と結婚の違いとは』…のような感じだったんだよね。「恋愛と結婚はどう違うの?」「異性の友達はダメなの?」といった普遍的な問いに、プロならこう考えるよ、というところをお伝えする内容です。

佐藤律子さんというお方は、伝説の婚活プロデューサー。 もっと読む

『ウレぴあ総研』9月、トリッキー脳からの異性間コミュニケーション

事も趣味も全力投球した、しあわせな9月。

大好きな大好きな自衛隊イベントの季節でもあり、それとは全く違った柔らかい世界観で繰り広げなければならない恋愛コラムの執筆で、心の中で落差が最大スケールまで広がってしまう秋ですけれども、両極端の展開をどちらも楽しみ抜くことができました。

私本人が面白がりながら書けた2本が自己満足に終わらず、どうかご覧くださるかたにも楽しんでいただけることを祈りながら、活動報告します。

✅“トリッキー脳”がカギ!? 「本命彼女」になる3つの秘策

悲しい恋を明るく改善するアドバイザー・藤本シゲユキさんの著作『本命になる技術』をもとに書き上げました。 もっと読む

『ウレぴあ総研』で、7・8月はスイートな記事ばかり書きました。何しろ、癒しと甘えと貢がれテク…とはね。

されたい、甘えたい、貢がれたい。そういう女性の欲求に応えるスイートなコラムを、この夏、ウレぴあに載せていただきました。

いずれも、安易に求めることには警鐘を打ち鳴らしたいのですが、ときには「もうダメかも~~」と甘えてみると、意外と周りに「なんだ、君も人の子だったんだね」と目尻を下げて喜ばれたりしますので。必要に応じて、適量をお使いくださいますように☆

もっと読む

『ウレぴあ総研』で、雨降りの6月は「Home」を考えてみました。

雨という季語(俳句みたいですね…)からの連想で、6月の『ウレぴあ総研』では、おうちで過ごすイメージのコラムを綴りました…☆

☑帰りたくなる家にする! 疲れた夫が求めている「妻の癒し」3つ

まずは「ハピママ*」で、奥様がたへ☻
「ビジネスマンのリラックス事情に関する調査」の結果をもとに、テレビでおなじみ、私にもおなじみ、原一探偵事務所さんのご助言をいただきながら、ストレスフルな働きマンたちを癒すことをご提案しました。

リサーチ結果を見て、「世の中便利になっているって言うけど、ストレス減らないのって不便じゃない?」と”やれやれ感”を感じました。。お疲れの旦那さんを救うことを意識していただくきっかけにでも、使っていただければと思います。

 

a0002_006937_m.jpg

☑【手料理】上手じゃなくても心をつかんで好感度UP! 男性が喜ぶポイント5つ

お次は「mimot.」で、彼氏にふるまう手料理についての女子コラム⌒♡+゚
雨降りが増えるとおうちデートも多くなる……と想像して、リサーチの結果に基づき、手料理にまつわるいろいろをまとめてみました。凝ったものはできなくても、定番のお料理が作れるようになるといいですよね♡

でも、私ならデリバリーを頼みたいです(笑)。一人だと頼みづらい出前、宅配サービス。誰かいる時に楽しみたいです…。 もっと読む

ウレぴあ総研、2017年2・3月はママ向けプログラム

『ウレぴあ総研』での活動、2・3月は「ハピママ*」で、コラムを載せていただきました☻

月は、
アラサー~アラフォーのママたちが若々しく見えるためのヘアケア法について、現役美容師さんからのアドバイスをお届けしました。

ふんわりツヤ髪!美容師さんに聞いた30・40代ママが「若見え」するヘアケア法

この記事は、「ひっつめ髪でキーッ!って感じのお母さんて、やっぱり怖いヽ(ヽ´Д`)ヒイィィィ!!」っていうネガティブトークを、「手のこんだおしゃれはできなくても、髪がキレイだと全体のイメージが変わる」という風にポジティブ転換して仕上げたという…。

タイトルも、編集さんから「老け髪にならない方法」というネガな提案を打診されていながら、「若見えする方法」というポジティブフレーズで強行突破しました……。う~ん、やっぱり「若見え」より「老け髪」の負のイメージのほうが、インパクトあったかもね。

でも、明るい言葉✧を使いたかったので!

 

dsc02903
おしゃれなリース✿

もっと読む